全自動ロボット Robotic Automation

PCで行う定型作業を自動化

全自動ロボットは人が介在する必要のない定型的な業務を仮想デスクトップ上に常駐するロボットが自動化します。登録された様々なキューを読み込んで仮想従業員として業務をこなします。

これにより業務負荷が軽減され、業務品質の向上にもつながります。

全自動ロボットの特長

全自動ロボットとアテンデッドロボットの比較

全自動ロボットはサーバ主導のトリガー等によって大量の定型業務を無人で処理するバックオフィス向けの製品となります。

項目 全自動ロボット アテンデッドロボット
ロボットの稼働場所 デスクトップPC(業務アプリと同環境) デスクトップPC(業務アプリと同環境)
ロボットの起動トリガー サーバ主導
PCからのタスク送信
デスクトップ
ユーザ操作
ユーザによる起動 ×
ユーザの入力介入 ×
ロボットのグループ運用 ×
グループ内のロードバランス ×
冗長ロボットのスタンバイ ×
オートメーションフレームワーク ×
稼働レポート
稼働監視

システム構成

ロボット管理サーバはユーザ情報の管理と認証をおこないます。
ユーザの権限に応じてロボットの割り当てと配信をおこなうとともに、ロボットのバージョン管理もおこなっています。
ロボット管理サーバによって野良ロボット発生の防止、ロボットのバージョンのデグレの発生を防止することが可能となります。

※管理用のツールはバンドルソフトのため別途購入する必要はありません。

ロボット管理サーバはオンプレミス、SaaSの2パターンをご用意。
お客様に適した導入形態を選択ください。

フロントオフィス業務をサポートする
‘アテンデッドロボット’
Attended Automation

  • 非定型な業務に対応
  • 顧客対応に合わせたオペレーターの判断を支援
  • 随所で行うオペレーターのPC操作、入力も可能

まずはご相談下さい。
課題や問題解決いたします!

お問い合わせ

※記載の社名・商品名等は、各社の登録商標又は、商標です。 製品仕様は、予告無く変更する場合があります。

製品一覧