アテンデッドロボット Attended Automation

人が行う業務を正確な判断ができるようにアシスト

アテンデッドロボットはオペレーターのPC操作のイベントをトリガーにしてあらかじめ作成しておいた操作上の注意喚起の表示、操作ガイドの表示、システム補完動作、情報提供、自動処理等をおこないます。

これにより業務効率の向上、操作ミス防止、オペレーターへのトレーニング時間が削減可能となります。
既存システムの改修も必要ありません。

さらに、複数アプリケーションを1つの画面で入力可能に

アテンデッドロボットによって、各アプリケーションの必要な部分だけを1画面に集約して表示させることが可能です。
オペレーターは各アプリケーションを意識せずに集約された画面から入力、参照、検索などの業務操作をおこなうことができるため、業務効率の向上とオペレーターへのトレーニング時間も削減出来ます。

アテンデッドロボットと全自動ロボットの比較

アテンデッドロボットは人の操作がトリガーとなり、操作のヘルプやアラートを表示します。
定型化ができない、フロントオフィス業務向けの製品となります。

項目 アテンデッドロボット 全自動ロボット
ロボットの稼働場所 デスクトップPC(業務アプリと同環境) デスクトップPC(業務アプリと同環境)
ロボットの起動トリガー デスクトップ
ユーザ操作
サーバ主導
PCからのタスク送信
ユーザによる起動 ×
ユーザの入力介入 ×
ロボットのグループ運用 ×
グループ内のロードバランス ×
冗長ロボットのスタンバイ ×
オートメーションフレームワーク ×
稼働レポート
稼働監視

システム構成

ロボット管理サーバはユーザ情報の管理と認証をおこないます。
ユーザの権限に応じてロボットの割り当てと配信をおこなうとともに、ロボットのバージョン管理もおこなっています。
ロボット管理サーバによって野良ロボット発生の防止、ロボットのバージョンのデグレの発生を防止することが可能となります。

※管理用のツールはバンドルソフトのため別途購入する必要はありません。

ロボット管理サーバはオンプレミス、SaaSの2パターンをご用意。
お客様に適した導入形態を選択ください。

バックオフィス業務をサポートする
‘全自動ロボット’
Robotic Automation

  • 大量処理の自動化、無人化
  • スケジュール等による定期実行
  • 冗長ロボットの待機・稼働

まずはご相談下さい。
課題や問題解決いたします!

お問い合わせ

※記載の社名・商品名等は、各社の登録商標又は、商標です。 製品仕様は、予告無く変更する場合があります。

製品一覧